Η παρουσίαση φορτώνεται. Παρακαλείστε να περιμένετε

Η παρουσίαση φορτώνεται. Παρακαλείστε να περιμένετε

古紙リサイクルのホントのと ころ とやま古紙再生サークル. 何をいいたいの?  燃やすならリサイクル  分別が大事  古紙利用再生品の購入が大事  そもそも使う紙そのものが大事  5Rと適正処理.

Παρόμοιες παρουσιάσεις


Παρουσίαση με θέμα: "古紙リサイクルのホントのと ころ とやま古紙再生サークル. 何をいいたいの?  燃やすならリサイクル  分別が大事  古紙利用再生品の購入が大事  そもそも使う紙そのものが大事  5Rと適正処理."— Μεταγράφημα παρουσίασης:

1 古紙リサイクルのホントのと ころ とやま古紙再生サークル

2 何をいいたいの?  燃やすならリサイクル  分別が大事  古紙利用再生品の購入が大事  そもそも使う紙そのものが大事  5Rと適正処理

3 とやま古紙再生サークルと は?  NPO(非営利組織)  会員:159 (H13.3 月末 )  回収:約1600トン/年  購入: トイレットペーパー約28万 ロール  事務局:北陸電力立地環境部

4 サークルのしくみ  地域完結型リサイクル  古紙リサイクルの循環に係わるそれぞれのセ クター会員により構成  分別と禁忌品 4分類で回収 ( 上質紙・新聞紙・ダンボール・雑誌 )  価格 回収1回あたり固定費3000円 従量料金 雑誌3円/kg、その他1円/kg

5 古紙リサイクルの現状 (1)  日本の紙の生産量 1999 年度  年間 3063 万トン ( 世界第 2 位 )  1 人あたり 239 kg/年 ( 世界第 7 位 ) 1985 年 2000 万トン 1960 年 600 万トン

6 古紙リサイクルの現状 (2)  日本の古紙回収率 (1999 年度 )  回収率 55.9%  新聞 ( チラシ含む ) 112.7%  段ボール 80.3%  印刷情報用紙 約 30%  衛生用紙 0%  回収率限界 65.6%

7 古紙リサイクルの現状 (3)  日本の古紙利用率 (1999 年度 )  利用率 56.1%  新聞用紙 51%  板紙 89%  印刷情報用紙 24%  衛生用紙 52%  利用率限界 65% ( 経済性無視シナリオ )

8 古紙リサイクルの現状 (4)  古紙のゆくえ ( 主な流れ )  上質紙 → 衛生用紙やコピー用紙  新聞紙 → 新聞紙やコピー用紙  段ボール → 段ボール  雑誌類 → 板紙や紙管 A4コピー用紙60枚、牛乳パック6個 = トイレットペーパー 1 ロール

9 古紙リサイクルの現状 (5)  各国の状況 (1999 年度 ) 日本韓国米国ドイ ツ 英国 回収率 利用率

10 古紙リサイクル過程  離解工程 立山製紙のパルパー立山製紙のパルパー 別パルパー パルパー静止画別パルパー パルパー静止画  異物除去工程  脱インキ工程

11 どっちのトイレットペー パー?  AとB どっちを使いたい?  その理由は?  再生品を買ってね~

12 国の目標  古紙利用率 60%(2005 年度 )  回収率ではない  どの種類の利用率を向上 ? → 印刷情報用紙や衛生用紙  利用率の向上には、上質な紙の回収 が不可欠。 → カスケード利用 ( グレードをさげつつ再利 用 ) → 回収と利用の質のミスマッチ  利用率 1%up =日本の CO2 が 0.1%down

13 古紙リサイクルの必要性検証 (1)  ゴミ減量化  事業系可燃ごみの 50% は紙ごみ 紙はリサイクルの優等生(腐らない、市場 有)  焼却コスト 50 円/kgなど (収集運搬や灰の処理を含む)  紙再生のためのコスト 30 円~ 50 円/kg (参考)古紙の価格変身 回収1円 → 販売10円 → 製品100円/kg

14 古紙リサイクルの必要性検証 (2)  資源の有効利用・森林資源の保全  紙1トン=直径14cm高さ8m2 0本とも  日本の紙の自給率 ( ショートスパン ) 国産パルプ11.2%(古紙56. 1%)

15 古紙リサイクルの必要性検証 (3)  二酸化炭素の削減 (LCA)  新聞用紙を単独で製造と仮定(非現 実) KP ( 化学 P) TMP ( 機械 P) DIP ( 古紙 ) CO2 ( k g-C/ t ) 1,2351, 化石燃料 由来分 持続的管理の森林からの木材チップなら KP が 1 番よいという評価 も KP は黒液分を燃料として利用できる

16 古紙リサイクルの必要性検証 (4)  エネルギーの削減 (LCA)  新聞用紙を単独で製造と仮定(非現 実) KP ( 化学 P) TMP ( 機械 P) DIP ( 古紙 ) Mcal/ t 8,21911,5534,108 化石燃料 由来分 1,33411,4903,919

17 なぜ分別は必要か  紙でないものが混ざると紙じゃない  分別しないと紙としてリサイクルできない 紙資源とはいえない → RPF、サーマルリサイクル、紙は燃料 分  紙の種類の分別  古紙は種類により用途が決まっている  カスケード利用(グレードをさげつつ再利 用) → 古紙使用率を上げるポイントは上質紙回 収 → 機密文書リサイクル

18 古紙利用再生品の購入が大事  リサイクルのポイントは再生品の購入  印刷情報用紙 24% → ?  例:中越パルプ工業(高岡市)  PPC用紙 古紙100%白色度70%  衛生用紙 52% → ?  例:二塚製紙(高岡市)  トイレットペーパー 古紙100% (牛乳パック 約5%) トイレットペーパー  板紙 89% → ?  例:立山製紙(立山町)  コクヨ製フォルダーなど 古紙100%

19 使う紙そのものが大事  買う時点でリサイクル負荷は決まる  歩留りの悪い紙 input → output 上質 紙で 80 ~ 85% アート紙 > コート紙 > 微コート 紙  溶けにくい紙  防水紙やコーティング紙  地に色がついた紙  拡大生産者責任( EPR) 例:立山製 紙  ケナフ ( 多品種化 → リ不適 )

20 5Rと適正処理  3R ( 優先順位 )  Reduce 減量化 ( まず使わない )  Reuse 再利用 ( 裏面使用 )  Recycle 再生 ( 最終手段 )  +2R  Refuse 断る ( 過剰包装、新聞チラシ )  Regeneration 再生品の購入  +適正処理

21 その他  行政の集団回収休止(バックコスト無 視)  循環型社会の基本 → 地域物質循環 1 割  容器包装リサイクル法 H12.4本 格施行  対個人なので量の割には難しい  200万トン → 板紙や再生ボード、 RPF に  新聞とチラシ 今は分別しなくていい  グリーンマークを集める

22 その他  1トンの紙をつくるのに100トンの 水  北欧や北米、紙は再生可能な資源 → 古紙の焼却を肯定  燃やすと紙 1 tから二酸化炭素 1.8 t  ペットボトル 1kg のリサイクル費用 250 円  新聞紙は紫外線に弱い。リグニン  ごみ焼却場の発電 全国で 14 カ所しかな い

23 その他  紙の比重 1.0 前後  処理費用  ペットボトル 約 250 円 /kg( 事業者負担 84 円 )  蛍光灯 160 円 /kg( 蛍光灯 40W250g 1 本 40 円 )

24 その他  古紙利用率60%の想定内訳  利用率 56.1% ( 1999 年度) →2005  新聞用紙 51% → 74%  板紙 89% → 91%  印刷情報用紙 24% → 42%  衛生用紙 52% → 55%  利用率限界 65% ( 経済性無視シナリオ )

25 森林と紙  40 年で日本の森は禿げ山に 仮定 : 今後の蓄積をゼロとして  パルプ ×0.8= 紙 (JIS 情報用紙 C) 機械パルプ 1t 2.1m3(50% 含有 ) 化学パルプ 1t 3.6m3 (50% 含有 )  1 tの紙 = 約 3m3  人工林 蓄積 万 m3(1040 万 ha) 天然林 蓄積 万 m3(1338 万 ha)  紙年間 3000 万t

26 森の毎年の蓄積  ローズケース的にはほぼ自給可 能?  人工林収穫予想例 ( ローズケース ) 45 年で 1ha あたり 756 本の杉 h=20.1 、 r=14.25cm πr2×h÷3=0.43m3/ 本・ 45 年 756 本 /1ha 323m3/ha ・ 45 年 7.2m3/ha ・年  日本の人工林面積 1040 万 ha 約 7500 万 m3/ 年  紙とすれば 2500 万t / 年 ( 日本 3000 万t / 年 )

27 年間成長量  日本の人工林 5 m3/ ha ・年  日本の天然林 1 m3/ ha ・年  ユーカリ 20 m3/ ha ・年 (11.0BD t / ha ・年 )  ケナフ 60 m3/ ha ・年 (12.3BD t / ha ・年 )


Κατέβασμα ppt "古紙リサイクルのホントのと ころ とやま古紙再生サークル. 何をいいたいの?  燃やすならリサイクル  分別が大事  古紙利用再生品の購入が大事  そもそも使う紙そのものが大事  5Rと適正処理."

Παρόμοιες παρουσιάσεις


Διαφημίσεις Google